パソコン作っちゃいました(4)おまけ:失敗失敗大失敗

0
    JUGEMテーマ:パソコン
     

    はぁ・・・てちくんやっちゃいました・・・。

    一言でいうと、途中からHDDをRAID1構成にしようとして失敗し、インストールしたアプリケーションソフトの類を全部消してしまいました・・・。

    経緯はこういうことです。

    PC完成後、種々の有料無料のソフト類を新PCに移し、高速で素敵な環境を作っていったところで、データ保護をどうしようか遅ればせながら考え始めました。HDDには寿命があり、いつまでも健全に生きていてくれるとは限りません。現に今回だって、RAID1にしていたから片側のHDDが死んでも無事データが保存できているわけです。今のHDDには、以前から表のルート、裏のルートで集めてきたペーパークラフトの型紙データがたっぷり保管されています。数十GB以上あります。これをどうやって保存し、安心して日々を暮せばよいか。やっぱりRAID1か、あるいはWindows8の記憶域プールで双方向ミラーを使うか。

    ここで、HDDにすでにいろいろデータが載った状態で途中からRAID1を構成することができるのでしょうか?結論はできます。というか、前のPCでやったことがあるのです。ここにてちくん大きな油断がありました。以前あまり苦労せずに途中からRAID1にした中途半端な記憶があったもんですから、あまり深く考えずRAID1で行くことにしたのです。そこまではいいんです、以前できたわけですから。問題はその手順です。あいまいな記憶では特にあまり難しいこともせずに普通につなげば出来たような気がしていました。でも実際以前にやった手順は、今思うと以下の通りでした。

    1.HDDを一旦普通に増設し、既存のHDDのデータをまるっとコピーしたミラーボリュームを作る。

    2.既存のHDDと増設したHDDでRAID1を構成。

    3.双方のHDDの内容が同一なので、そこからスムーズにRAID1に移行。

    ところがてちくん、なんということでしょう、1をやった記憶が完全に飛んでいたのです。そして2から作業を始めてしまったんです。どうなったかというと、

    a. 2の段階で内容の違うものをRAID1に指定してしまったので、再起動した瞬間に致命的なエラーが発生。

    b. はたと気づいて1からやり直そうとしたが、RAID1構成を外そうとすると「HDDの中身が失われます!」という警告がでる。

    c. えぇい、前回はできたんだ!いけー!といってむりやりRAID1構成を外したところ、「フォーマットされていません、フォーマットしないとアクセスできません」のメッセージ。時すでに遅く、この数日間かけて構築した環境はすべて無に帰してしまいました・・・

    やっちゃいました・・・

    嘆いてばかりいても仕方ありません、データが失われたわけではないので、また環境を構築しなおすだけのことです。

    せっかくなので、一度すべてフォーマットしなおして、まっさらになったところでWindows8の機能で記憶域プールというのをつかい、双方向ミラーを指定してみました。RAID1と何が違うのか、あまりよくわかりませんでした。ハードの機能ではなくOSのソフトの機能でRAIDと同じことができる、ということなのでしょう。

    なんにせよ、これで1つのハードドライブの故障からは守られた環境が出来上がりましたので、RAID1がdegradeされている古いPCのHDDから、まずはだいじなペーパークラフトのデータを移しました。あとはマイドキュメントのデータとXAMPPのhtdocsのデータ、ぼちぼち移していくことにしましょう。

    あとは、間違って消してしまう事案への対応をどうするか、DVD等に落とすか、外付けHDDにバックアップさせるか、うーん、両方かな。まずは外部記憶媒体に落とすことから初めて、お小遣いがたまったころに2TB位の外付けHDDを買って、定期バックアップ体制を組みますか。

    以上、てちくんやっちゃいましたの巻でした。


    パソコン作っちゃいました(3)いよいよ組み立てです

    0
      JUGEMテーマ:パソコン
       

      ではでは早速組み立てていきましょう。

      まずはマザーボードを箱から出します。

      2014-09-19 14.19.07

      出した箱の上に載せて作業するのはお約束です。

      次にCPUをはめます。切り欠きの位置に気を付けてそっとやれば特に難しいことはありません。

      2014-09-19 14.23.49

      そうしたら次にCPUクーラーを取り付けます。

      2014-09-19 14.40.54

      なんか取り付けよう金具がいろいろあるのですが、説明書を読めばちゃんとわかるようになっていました。拡大するとこんな感じ。

      2014-09-19 14.40.59

      次にメモリの装着。マザーボードの水色のメモリスロットにメモリを差していきます。CPUクーラーと干渉するようなこともなく無事装着完了。

      2014-09-19 14.47.07

      さて次はいよいよケースに部品を取り付けていきます。まずケースの中はこんな感じです。

      2014-09-19 14.52.072014-09-19 14.52.03

      右が前面になります。右上から、5インチベイ×3、2.5インチシャドウベイ×3、3.5インチシャドウベイ×3ありますが、5インチベイの一番上は前面インタフェースが装着されている(ケーブルが出てきているのが見えます)ので、実質5インチベイは2個です。

      左は背面。上にケースファンが1つついていて、下に電源を装着するスペースがあります。まずは電源から装着していきます。

      2014-09-19 15.03.33

      このケースはケースの下にプラスチックの足がついていて、下面が床から浮いており、前の写真でもわかるように電源取付け部の下面がメッシュになっていますので、電源もファンが下側になるように取り付けます。

      2014-09-19 15.03.39

      こんな感じにぴったりおさまります。また電源コードの取り出し口もケースの背面に近い側になるので、背面配線が取り回しやすくなりました。

      次にマザーボードを装着してゆきます。

      2014-09-19 16.14.07

      配線は不要なものを束ねて、エアフローの邪魔にならないように右下の3.5インチシャドウベイの脇に置き、必要なものだけを裏にいったん回してから、必要な場所に近い穴から引き出します。

      2014-09-19 16.35.02

      背面はまだこんな感じ。まずはコネクタをつないでいってから、最後に束ねます。

      まずSSD。

      2014-09-19 16.35.08

      それから、光学ドライブ。

      2014-09-19 16.35.20

      最後に右下のシャドウベイに3.5インチHDDを装着しました。必要な電源と信号線をつないだら、まず電源を入れて起動。無事起動が確認できたので、電源を束ねてケースのふたを閉じ、あとはお楽しみの環境構築となってゆくわけです。

      というわけで、めでたく生まれて初めてのPC自作は無事成功しました!。

      次は何つくろうかなぁ、と言ってもお金ないしなぁ。家族用にATXのケースなんて作ったら顰蹙だしなぁ。家族のブラウザ&メール用だったら多少スペック落ちてもいいんで、ちっちゃなベアボーンなんていいかもなぁ。

      夢が膨らむてちくんでした。


      パソコン作っちゃいました(2)まずはお楽しみの開梱

      0
        JUGEMテーマ:パソコン


        さてさて、重いというよりもでかくて持ちにくいPC部品一式を、サービスでもらったキャリングカートでコロコロ転がしながらやっと車にたどり着き、何とか家まで帰ってきました。ではまずはお買い上げ品の詳細確認です、行ってみましょう。現在のamazon価格と比べてみると、いいお買い物だったかどうかがよくわかるという趣向になっています。

        1.CPU:Intel Core i5 4460 BOX、16,279円

        2014-09-19 14.00.50

        値段が大きく違うのは、キット総額からの3,000円割引がここにすべて載せてあるせいと、ドスパラの方は税別の価格だからで、実際は税込20,821円ということ。それでも現在のamazon価格よりは2,000円安い。

        Haswell Refreshの1つで、Core i5の中で最安値ながら3.2GHzと比較的高めのクロックで、コストパフォーマンスの高い製品。ただしTDPは84Wとやや高め。

        2.マザーボード:ASRock H97 PRO4、9,660円

        2014-09-19 13.58.16

        最上位のZ97から主にオーバークロック機能を省いた廉価版。今回のマシンでオーバークロックをガンガンやるつもりはなく、CPUもオーバークロック対応ではないので、ここは対応したマザーが選定されています。

        値段はamazonの勝ち・・・。

        3.メモリ:ADATA AX3U1600WG11-DD、8,038円

        2014-09-19 14.04.43

        せっかく64bitのOSにするので、従来の4GBを大きく超えて8GBになります。

        amazonには同一品が無かったので、類似の商品で。お値段は税込にしてもドスパラの勝ち☆。

        4.SSD:ADATA ASX900S3-256GM-C 7mm、12,750円

        2014-09-19 14.03.33

        今回のこだわりポイント。追加オプションでグラボの代わりに入れました。今回のキットの中でCPUの次に高いのがこのSSDでした。値段は税金の分だけamazonの方が安い結果。

        5.HDD:TOSHIBA DT01ACA100(1TB)、5,343円

        2014-09-19 14.04.02

        もうちょっと容量あげようかと少し悩みましたが、予算の関係もありこのままにしました。その後、同じものをもう1台追加し、RAID1を構成しようとして失敗し、ソフトをすべて一からインストールしなおしたのはまた後日お話しします。

        値段はamazonの方が約600円程度高い。

        6.光学ドライブ:LITEON IHAS324-17 BOX、1,834円

        2014-09-19 13.58.56

        Blu-rayにしたらいくらになるか店員さんに聞いたら5000円アップと言われ、あきらめてDVDマルチドライブのこちらにしました。なお、後日、旧PCのBlu-rayドライブとの入れ替えに成功したので、今の新マシンはBlu-ray搭載になっています。もっとも、旧PCを購入してから6年の間に、Blu-rayを使ったのは1回だけ、思い立ってすべてのデータのバックアップを取った時だけだったのですが。

        値段は消費税分amazonの勝ちでした。

        7.電源:玄人志向KRPW-SS500W/85+REV2.0、6,437円

        2014-09-19 14.00.25

        電源の選び方はまだあまりよく勉強できていないので、お勧めのまま購入です。CPU、HDD、SSDの消費電力ピークの2倍以上にはなってるかな、というところ。

        お値段は、税込にすると完全に引き分け。

        8.ケース:ENERMAX FULMO Q、3,223円

        2014-09-19 13.57.23

        ケースのケースの写真ですみません。お安いケースなのですが、左右両側の側板が外れ、箱の絵にある側板のふくらみの中を配線が通せる、いまどき流行りの裏側配線でエアフロー確保ができるケースになっています。旧PCから機能的に落ちているところは1点、旧PCにはIEEE1394のインタフェースが前面にあったのですが、それがどこにもなくなっています。ビデオの取り込みだけは旧PCでやらなきゃいけなくなりますが、旧PCが生きている間に素早くやってしまえばOKということで。

        amazonには同じ商品が無かったので、同じ会社の同クラス品で、ドスパラのキットでも選択可能だったOstrogで。値段はこの低価格なのに1,000円以上ドスパラの方が安い結果。

        9.CPUクーラー:DEEPCOOL ICEBLADE100、1,133円

        2014-09-19 13.59.26

        これはどうなんでしょう、オーバークロックをするわけでもないのでCPU付属のファンでもいいかとも思ったのですが、TDPが若干高めのCPUだということと、ぶっちゃけて言うとこれを外すオプションが無かったし、まあ高いものではないので、そのまま購入しました。

        これもamazonには同一品がなく、上記はヒートパイプが1本→4本に増えた上位機種。値段はamazonの方が1700円以上無駄に高い結果でした。

        10.OS:MS Windows 8.1 Update 64bit (DSP) 、10,991円

        2014-09-19 14.05.32

        念願の64bitOSです。最新の8.1になりました。値段も一割以上amazonより安くてお買い得。

        11.テーブルタップ:サンワサプライ製、7個口、5m、1,130円

        写真は無しです。値段はさすがamazonの方がグッと安い結果でした。

        以上合計76,854円+消費税6,148円で合わせて83,002円のお買い上げでした。

        amazonの価格を合計すると、93,908円!なんと1万円も高いという結果でした。比べてみてびっくりです。

        なお実際はこの後HDDをもう1台買っているので、合計約9万円です。もちろんこんな大金がポンと出せるはずもなく、嫁さんと交渉した結果、4か月間のお小遣いから2万円ずつ返すことで8万円を前借しました。

        長くなりましたので、今回はここまで。次回いよいよ組み立てます。


        パソコン作っちゃいました(1)パソコン壊れちゃいました・・・

        0

          JUGEMテーマ:パソコン

          partsdog_toptitle

          しばらくぶりです、管理人のてちくんです。

          ご無沙汰の理由は、実家で不幸があった、仕事が詰んできた等いろいろあるのですが、中でも一番関係が深いのが「パソコンが壊れた」でした。

          気配は前から少しはあったのです。操作してると急にリセットするとか、気づくとリセットしてるとか。でもリセットしてしまえば普通に動いたし、せいぜいchkdskが走るくらいで、何度かリセットする間に復活していたのです。

          でもその頻度が最近急に上がってきたと思っていたところ・・・、ある日いきなり起動画面いっぱいにまだらに網がかかったような模様が浮き上がり、RAID構成画面も文字化けの嵐、そしてwindows7の起動がすすまず、スタートアップの修復にも失敗してしまい、ついに立ち上がらなくなってしまいました。

          なんとかメモリのチェックやストレージのチェックなどを走らすことができたのですが、その結果わかったことは以下の2つ。

          (1)RAID1の片側にエラーがある。

          (2)おそらくビデオカードが死にかけている。

          それではということでHDDを1台外し、ついでに外付けのHDDも外して、(2)だけにして何回かリセットを繰り返したところ、最終的に画面の解像度が1680×1050のワイド→1280×1024の5:4に落ちた状態で何とか安定して立ち上がるようになりました。デバイスマネージャを見るとグラボのところに△マークが付き、「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました」となっています。おそらく起動後にグラボがエラーを吐くとリセットとなり、起動時から死亡していると劣化した解像度で何とか立ち上がるということのようです。

          これで何とかデータを吸い出す余裕は確保しました。が、いつまでこのままいけるのかは非常に不透明な状態です。そこで、私は決心しました。新しいパソコンを買おう。いやせっかく買うなら既製品ではなく自分で作ろう。

          そう思うともう止まりません。ネット検索、雑誌読み返し等からプランの立案を始めたのですが、ここで一つ問題が。実は私パソコンを作ったことがございません。となると、メインのパソコンが瀕死の状態でもありあまり冒険はできません。となるとフォームファクタはATXか、CPUは少なくともCore i5以上にはしたいよな、OSは64bitでメモリは8Gわ欲しいし・・・とやっていった結果、一つの結論に落ち着きました。ショップの自作キットで行こう、と。

          と思ったのも実は心当たりがあってのことでした。パソコンショップのドスパラさんが「パーツの犬」というブログでおすすめキット構成を作っていて、全国各地のドスパラさんで購入できるのです。5つ程キットがあって、ハイスペックのもの、オーバークロックターゲットのもの、低価格狙い、初心者向けスタンダード、等々、ターゲットを絞った部品選定で、割引もついてそれなりにリーズナブルな値段がついているのです。ま、初心者だし、これでしょう!ということで5つのキットの中から初心者向けスタンダード構成を選びました。その構成はこんな感じです。

          ・CPU:Core i5 4460
          ・マザーボード:ASRock H97 Pro4
          ・メモリ:ADATA PC3-12800 4GB×2
          ・HDD:1TB 7200回転
          ・VGA:GeForce GTX 750
          ・電源:玄人志向KRPW-SS500W/85+/Rev2.0
          ・ケース:ENERMAX FULMO Q
          ・OS:Windows 8.1 Update 64bit (DSP)

          これで税込8万円弱、悪くないですよね?さっそくショップに行ってみました。

          ショップに着いて、店内を2,3周してみましたが、パーツの犬の話はどこにもなく、しょうがなく店員さんに聞いたところ、2人目で「あぁ、はいはい、わかりますよ」と話が通じて一安心。いろいろと詳しく話を聞きながら構成をチューニングしていきました。結局大きくいじったところは1つだけでした。グラボが実はオプションとして外せる構成だったので、ゲームをあまりやらない私には不要と考えて外し、代わりにSSDを入れることにしました。ショップの店員さんに、256は欲しいんですけどCrusial MX100ってどうですか?と相談したところ、詳しいところは忘れてしまいましたが、何やらどこかで性能の落ちが顕著になるそうで、ほぼ同じ値段のADATAの上位クラス、SX900を勧められました。値段が変わらないならこちらとしても異存はなく、おすすめの品を購入しました。

          ということで、次回は一気に組み立てます。


          1

          calendar

          S M T W T F S
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << October 2019 >>

          アクセスカウンタ

          合計:
          今日:
          昨日:

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • ホームページをリニューアルするの巻(19)−Googleウェブサイト翻訳ツールを組み込む
            てちくん
          • ホームページをリニューアルするの巻(19)−Googleウェブサイト翻訳ツールを組み込む
            てちくん
          • ホームページをリニューアルするの巻(19)−Googleウェブサイト翻訳ツールを組み込む
            小田きく江
          • ロリポブログでGoogleにサイトマップを登録する際の注意事項
            てちくん
          • ロリポブログでGoogleにサイトマップを登録する際の注意事項
            suraugi
          • いそべぇのペーパークラフトを作る(初級編)(12)
            てちくん
          • いそべぇのペーパークラフトを作る(初級編)(12)
            だべえ
          • noomでマイナス12kgのダイエットに成功!
            Yoko

          recommend

          recommend

          recommend

          ドール デザートメーカー ヨナナス901
          ドール デザートメーカー ヨナナス901 (JUGEMレビュー »)

          結構高いんです、でも欲しいんです!

          links

          profile

          書いた記事数:173
          最近の更新日:2017/01/30

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Google Adsense

          楽天ブックス

          楽天